沖縄県の不動産土地売買

沖縄県の不動産・土地売買はトーマ開発

 
 

軍用地とは?

沖縄 土地沖縄県内の米軍基地用地、自衛隊基地用地、那覇空港用地に供されている土地のことを総称して軍用地といいます。
軍用地全体の約50%が個人所有の土地であり、国が借地(強制使用)しております。 沖縄県内では借地料として、年間約890億円(平成19年度)が国より 地主に支払われております。
年間約890億円、大変大きな金額です。
借地料は毎年、国と沖縄県軍用地等地主会連合会との協議が行われ、1㎡当たりの借地単価が決定します。 平成18~19年度の借地料値上り率は、沖縄県全体で1%、那覇地区では宅地見込みで、約1.48%値上りしております。 借地料の算定年度は毎年4月1日~翌年3月31日までです。 その借地料は、通常年2回支払われます。 1回目は、毎年7~8月に暫定払いとして1年分前払いで支払われます。 (この時期に暫定払いする根拠は不明ですが、お盆の時期と重なり出費が かさむ為、この時期になったようです。) 2回目として、2~3月に精算払い分(値上がり分)が支払われます。(値上り分の決定時期が年末年始にずれ込む為) 沖縄県軍用地等地主会への委任軍用地主は、平成17年に約36,000人というデータがあります。今後、相続・売買等で地主の数は、年々増加していくことが予想されます。 しかし、地主数が増加しているわりに、市場に出回る軍用地物件の数は増加していません。大多数の地主は、軍用地の売買を表沙汰にしたくないのです。 ということは、知人や信頼のおける業者を介して取引されているのでしょう。
当社は、軍用地の買い取り、仲介を行っております。小さな会社だからこそ、できることがあります。お気軽にご相談下さい。

軍用地の金融商品としてのメリット

1.確実な収入

借地人は国である為、滞納がなく管理の負担もない。 極端に言えば、購入すれば放っておいても指定口座に入金される為、 サラリーマンの副収入にも適していると思います。

2.管理費用がかからない

アパート経営のように、賃貸管理、計画的修繕を行う必要がありません。 借地人は国なので、空室リスクもありません。 不動産管理会社へ管理を依頼し、管理費を支払う必要もありません。

3.地料の安定値上がり

ここ数年、沖縄県平均で毎年1%以上の値上りとなっております。 この傾向は今後も続くものと思われます。 毎年1%といえば、わずかかもしれませんが10年保有された場合、 10年後には元本が10%以上値上りすると予想されます。 つまり、複利式の金融商品とお考え頂けると理解しやすいかもしれません。

4.担保価値

沖縄県内の金融機関では、呼び名が違っても「軍用地主ローン」が用意されております。一般より有利な条件で借り入れが可能です。

5.金融機関の定期預金と比較して利息が高い

定期預金は長期預入であるほど、普通預金よりも有利な金利ですが、中途 解約では不利になります。 軍用地は、市場での需要が多い為、いつでも売ることが出来ます。 よって、必要なときは売却し、現金化が可能です。

軍用地の価格算定

軍用地は、施設、場所により価格に差があります。 一般の土地は、坪あたり○○○円という表示をしますが、軍用地は年間地料の何倍という算定方法となります。 詳細はお電話にて、お問い合わせ下さい。

 
ファイナンシャルプラン

土地売買ならトーマ開発

當間 一隆
沖縄の不動産はお任せ下さい

有限会社 トーマ開発
〒901-0156
那覇市宇田原231番地の8
TEL 098-857-9424
TEL 098-859-3447
E-MAIL info@toma-k.com
(社)沖縄県
宅地建物取引業界会員
沖縄県知事免許(6)
第2315号

Copyright(c)2005 沖縄不動産土地売買トーマ開発 all right reserved