沖縄県の不動産土地売買

沖縄県の不動産・土地売買はトーマ開発

 
 

不動産活用

不動産は預貯金や有価証券と並ぶ重要な資産とされていますが、預貯金や有価証券とは異なる不動産独自の特性をもっています。

1.個別性が強い

類似した不動産はあるが、まったく同じ不動産は存在しません。

2.公共性が高い

土地建物の関係法律によってさまざまな規制がある為、自分の所有地だ からといって自由に取引や利用ができるわけではありません。

3.権利関係が複雑

不動産には、複数の権利が同時に存在することが可能な為、権利関係の 把握は非常に重要です。

4.価格不透明

一般的に不動産価格は高価ですが、その個別性ゆえに適正価格の把握が 困難です。 また、不動産に関する税金の計算基礎価格にも数種類あり複雑です。 不動産独自の特性を理解したうえで、不動産投資を行うことが重要です。 不動産を利用した資産活用として、土地を所有している人は建物を建設し、賃貸することにより賃料収入を得たり、土地を所有していない人もワンルームマンションに投資をすることも可能です。また、不動産を原資とした証券化商品(J-REITなど)に投資を行うこともあります。

不動産投資の種類と特徴

1.更地・遊休地

現状では、収益を生まないばかりか固定資産税を支払う分、土地を持っているだけでマイナスとなります。しかし、アパートやオフィスビルを建築することにより運用収益を得ることができます。

2.駐車場

借地借家法の適用を受けないこと、転用が比較的容易であることから、暫定的な利用として活用する方法があります。都市部ではコイン駐車場としての活用が目立ちます。

3.アパート・マンション

土地建物を一括購入し、テナントに賃貸することにより、賃料収入を得て運用。
立地条件や住宅環境により、適正家賃を設定し安定収入を得ることができます。

4.区分所有マンション

区分所有として分譲されたマンションの一室を購入し、テナントへ賃貸し、 賃料収入を得て運用。中古物件やワンルームマンションであれば少額から投資できる物件もある為、預貯金より高い利回りが得られることもあります。

5.オフィスビル

土地建物を一括購入し、テナントに賃貸することにより、賃料収入を得て運用。 業務環境設備(IT環境など)や立地条件が要求されますが、法人テナントが中心となる為、景気変動の影響を受けやすい傾向があります。

6.商業施設ビル

飲食店や物販店をテナントの中心とした商業施設ビルは、景気変動の影響を受けやすいというリスクはありますが、成功した場合は投資額に見合った収益を得ることが可能です。

7.ロードサイド店舗

幹線道路沿いの土地活用として、ロードサイド店舗に一括賃貸し、賃料収入を得て運用。テナントとの賃貸借契約内容の確認が重要です。事業手法がいくつかあり、建設協力金方式で多額の協力金がある場合や、テナント退去時のペナルティーの有無、契約期間満了に伴う退去の方法をよく吟味する必要があります。

8.その他

倉庫レンタルや、定期借地権を設定する等、さまざまな不動産投資があります。 当社は不動産に関し、独立、中立、専門的な立場から、シンプル・明瞭なアドバイスを行います。困っていること、悩んでいること、何でもご相談下さい。

 
ファイナンシャルプラン

土地売買ならトーマ開発

當間 一隆
沖縄の不動産はお任せ下さい

有限会社 トーマ開発
〒901-0156
那覇市宇田原231番地の8
TEL 098-857-9424
TEL 098-859-3447
E-MAIL info@toma-k.com
(社)沖縄県
宅地建物取引業界会員
沖縄県知事免許(6)
第2315号

Copyright(c)2005 沖縄不動産土地売買トーマ開発 all right reserved